So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

初めての道場合宿

camp2018_2.JPG 山中湖で初めての道場合宿をしました。新しい道場体制になって1年経ち、「道場合宿がしたいです」と言われたときは、学生の合宿と一緒でいいんじゃないかと思っていました。
 社会人合宿で思い出すのは、稽古の印象はあまりなく、懇親会ばかり。そもそもそういうのがあまり得意でない私にとって、飲み会の合宿にはしたくない、でも学生合宿のような稽古もできない、と悩むところから始まりました。
 初回にもかかわらず16名もの参加があり、駆けつけてくれたのは就職し、稽古から遠ざかっている明薬OG達でした。現役時代は細く長く稽古して来た彼女達ではありますが、ケガや疲労で翌日の業務に支障が出たら困る...と悩みのタネは増すばかり。

 そして、初日は大渋滞で2時間近く遅れて稽古が始まりました。礼をして、みなさんの方をみると「早く稽古しましょう!!」という表情で私の方を見ています。このときは、本当に幸せな気持ちになりました。今回の試みの1つは武器稽古です。私の武器稽古に対する考え方を説明し、まさに木刀を握る、振るところからスタートです。最近少しづつ始めた武器稽古ですが、私にとってはとてもよい勉強の場となっています。まだ指導というより、自分の稽古です。

 夜の懇親会は、道場の設立経緯や理念、自己紹介などからも大盛り上がり。さらに幹事とも私の会と会員に対する考え方、運営についてもいろいろ話し合うことができました。私も幹事達も道場運営に関しては全くの初心者で、どうしたらよいのか悩むことばかりです。先輩方にも相談しつつ、まずは稽古第一でいきましょう、ということだけは決定です。

 今回の道場は2階にあり、正面に富士山が見えました。私が前に立つと、背後には雲と夕陽に輝く富士山が見え、とても美しかったそうです(私を見てくれていたのだろうか??)。さらに懇親会が遅かったので、朝稽古も急遽やめて山中湖半まで散歩。朝日を浴び霊峰富士を眺め、近くの神社でお参りをして...学生合宿では考えられないほどの満喫ぶり。社会人はこれでいいのかな。

 帰りのバスも2時間半以上遅れての到着となりましたが、渋滞のおかげで予想外のPAに停車したので、ブドウも買えてラッキー!新体制から1年しか経っていないのに、すごいスピードで前に進んでる気がします。でも今がそういう時期なのだから、自分の気持ちを大切に前に進んでいこうと思います。道場生のみなさま、今後ともよろしくお願いいたします。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

練馬稽古会1周年

IMG_4871.jpg練馬に新しい稽古会を立ちあkげてから1年が経ちました。一般の人の稽古場スタートはスポーツセンター合気道教室以来、15年ぶりでしょうか。
卒業していなくなる生徒や学生ではなく、10年以上一緒に同じ道を歩む人を育てたい、という気持ちはかねてからありましたが、周りの人たちがその背中を押してくれました。

これまでも指導の経験はありますが、週1回であっても、毎週同じ時間に道場に向かうというのは大変です。部活やスポーツセンターのように、代わりに前に立つ人がいません。だから、私が行かなきゃならない。さらに、部活は1年でメンバーが変わることや初段までということで基本的な指導ですが、こちらは私の稽古ができる、つまり自分がやりたい稽古の稽古相手を育てることができるのです。いつも行く先生のところのように、いい稽古をする稽古人を育てたい。

メンバーはすでにいろいろなところで黒帯をとった人達なので、みんなそれなりにできあがっています。果たしてこの人たちに私のイメージが伝わるのだろうか、と不安もありましたが、この1年で考え方や方向性が共有できるようになりました。
先月からは、武蔵OBも加入です。練馬の地を選んだとき、彼がいつか稽古に戻ってきてくれればという思いもあったので、それが早々に叶ったのは本当に嬉しいことです。長年私だけの稽古を受けてきたから、しばらく離れていてもやっぱり私の合気道をします。また明薬OGも参加しています。武蔵と明薬の初代が揃ったときは、どれほど感慨深かったことか。
リラックマはだらだらして15年、私はあっという間の15年。本格始動の2年目も、まずは稽古を充実させることを目標にがんばります。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

同じ道を歩む女性の先輩達

7A884889-5313-4E8D-9C25-00EBB024BA33.jpeg今週は心の洗濯の1週間でした。
終わりが見えない仕事とシンドイ人間関係に加え、体調不良が続き、ここのところいっぱいいっぱいでした。そんな中で、今週は4人の女性の先輩と接する機会がありました。
1人目の先輩は、お亡くなりになったという辛い知らせからでした。ドイツのアニータ先生です。私がティシエ先生のセミナーでドイツを訪れたときに、お世話になった先生です。道場の前には驚くほど大きい先生のポスター、でもそれに負けないぐらい先生も大きい。私がこのセミナーのためだけに日本から来たと知って「こんな合気道クレイジーがいるのね」と言っていましたが、ご自身もドイツからティシエ先生のパリのクラスに通っていたほどだから、「お互い様ね」って。一緒に稽古させていただくと、体が大きく力ももちろんありますが、厳しい稽古を積んできた強さを強く感じました。ここ数年は体調が悪いとは伺っていましたが、突然の訃報に驚き、山手線の中で泣いてしまいました。もっと世界に出てきて、みんなに先生のことを知って欲しかった。まだ若いのに、本当に残念です。ご冥福をお祈りします。

そして次は仕事関係のお2人。そのうちの1人は教育系の学会で知り合った、数少ない大学での女性の先輩でした。ご本人は医学部で学修支援を立ち上げるほど、学生への教育熱がすごいのです。最近私は周りのサポートが受けられないばかりか、変な横槍が入ってきてその分野からは少し距離を置いてしまっています。この先輩は、そういう中でいろいろなところとケンカしながら現在の形にしてきたのです。その熱意と元気さに、すっかり元気をもらいました。せっかく新しい部会が立ち上がったので、しばらくはこの先生の波に乗ってみようかな。

最後はいつもの先生。最近朝一の新幹線に乗っての日帰りが当たり前のようになってきました。この1日を捻出するのは大変だった、でも久しぶりに身体いっぱい使って稽古できました。何も考えずにただただその技だけに集中する。相手の受け身のレベルを気にせず投げられるので、自分の技に集中できる。最悪の体調でもここまで動けるという自信と、たくさんの元気をもらってきました。

これまではどちらかというとステキなオジ様(意味はオヤジ)方に囲まれて元気をもらってきましたが、最近はそんな素敵なオジ様方と会う機会が減りました。以前はあまり女性の先輩を意識したことはありませんでしたが、今回あらためて、私の中での女性の先輩の存在の大きさを知りました。やっぱりここまで女性として私の前を歩んできた先輩方は素晴らしい。そして自分はまだ孤独ではなく、相談できる誰かがいるということも。また今日からがんばろう。

おまけ:今週はステキなオジ様にもお会いできました。来月から海外に行かれるということで、もう会いないと思っていたらなんと!お世話になりました。
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

今年をどう生きるか

「君たちはどう生きるか」を読みました。漫画でどんな風に表現されるんだろうと興味があって漫画版にしましたが、予想以上に文章でした。
とてもいい本でした。是非子供たちに読んでもらいたいと思います。小4のカニ子にはまだ早いかな、でも大学生には遅いのかな。読みながら、自分の子供の頃を思い出していました。小学生の高学年から中学生の頃、こんなことをよく考えていました。私にとってコペル君の「おじさん」は、祖父や道場の人たちだったのかもしれません。でも当時の私の耳には「お説教」としか入ってこず、いろいろな本を読み、まわりの友達とそういうことを語り合うこともなく、もがいていました。
それは今も同じです。昨年は「思いやりとは何か」をずっと考えていました。きっかけはリトアニアの指導者の死でした。彼は稽古人たちに思いやりをもって接することを心がけ、またそのように生きることを稽古人たちに常日頃から話していたようでした。「おせっかい」と「思いやり」は何が違うのだろうか。中学校の武道の目標にもなっていますが、思いやりをもって稽古をするということは、どういうことなのだろうか。その答えを見つけたわけではありませんが、「私に思いやりが欠けているから...」と思うこともしばしば、そして落ち込むのです。
でも本の中では後悔することや悩むことの大切さも書いてありました。病気になって初めて健康の大切さがわかる、後悔することがあればそれはきっと忘れない、などなど。私は子供たちにもっと悩んで欲しいと思います。今の世の中はインターネットで調べればそれっぽいものがすぐ出てくるから、すぐに答えが見つかったように思うかもしれない。でもそこは人間同士直接話しをしてほしい。私ももっと道場生たちと話をしなくてはと思いつつも、「思いやりとはなんぞや」でつまずいているくらいですから、あまりたいした話はできないでしょう。私もまだまだ先輩から学ばないと。さて今年をどう生きるか、まずは健康第一、そしてまさに今日から4年前の初心に戻って新たなスタートです。


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

幹部交代2017 その2

 納会2017_4.JPG大学も幹部交代がありました。今年は事前に新幹部が挨拶に来てビックリ。そこで私が新たに発表したのは「総監督」なる役職。私の年齢にちなんで〜と思っていたら、まだでした。

 総監督になったのは私のゼミ生でもある4年生。部活を引退し4年生になってこんなに稽古を続けた学生は初めてです(私のゼミにきた目的がそうなので当然なのですが)。夏ごろまではいろいろとお小言がありましたが、今では私が思っていることを部員たちに言ってくれるのです。部活だけではなくゼミでもなので、周りからは私に似てきたと言われているようで(可哀想に)。

 今回初めて男子の主将が誕生しました。男子部員も増えてきたことだし、男子の励みになるだろうと思っていたら、同期の女子幹部の尻にすっかり敷かれている...。先日の合宿ではうちの男子は草食系ではなく植物系と言われてしまうほど。優しいだけが男子じゃないぞ!
今年の誕生日プレゼントはリラックマ座布団とテイッシュケース、そしてメッセージブックをもらいました。去年のフォトブックに引き続きブックシリーズですが、今年の切り絵はすごい!学生たちの多彩な才能がいろいろなところで発揮されています。1年間私の背中を見てきた学生たちの感想と今後の目標は純粋で、私も初心に戻るようでした。私からは夏合宿感想文集をプレゼント。いつも合宿後に提出させていますが、今年初めて冊子にしてみました。みんな素直な良い文章を書いているので全く問題ないのですが、来年からは気をつけて文章を書くようになるかも。

 幹部交代は、3年間育て上げた部員たちが引退し稽古から離れて行く寂しさとともに、私のこれまでの努力はなんだったんだろうかというやるせなさもあります。学校で教えるのだから仕方ないんですが。
ここのところ今年6月に始まった稽古場のメンバーが部活に出入りしたり、OBが稽古に顔を出したりと、学生たちが引退後の合気道人生の歩み方を見る機会が増えてきました。引退後は自分たちで時間を工面して稽古に来なければいけない、でもそういう姿勢が技にも現れてくるのです。来年も学生たちが1日でも多く合気道に触れ、楽しみ、喜び、自分の成長を感じてくれることを願います。

納会2017_1.JPG納会2017_3.JPG
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -