So-net無料ブログ作成

正面打ちの先生

相棒と愛知の先生のところに行ってきました。9月に学会に行く途中に伺い、近いうちにもう一度伺わなければならないと思っていたら、ちょうど相棒からお誘いがあり、今度は道着を持って参上です。
先生の事は鎌倉の先生達の会話の中によく出ていたので、子供の頃から名前だけはよく知っていました。交流させていただくようになったのは、山中湖の合宿に私が参加するようになってからです。それ以来、お会いする度に正面打ちで思いっきり打ち込んで行った気がします。先生が疲れて「参った」と言ってくださることが、私の楽しみでした(スミマセン...)。山口先生の技が忘れられつつある中で、その一部を感じる先生の正面打ち第一教が大好きです。

今回は体調がすぐれず、ほとんどお会いする事はできませんでした。でもお弟子さん達の稽古の中にそれが受け継がれていて、それを見たとたん「あ〜これだ!!」と感動しました。やっぱり私はこれが好きなんだということを再認識です。

相棒はそこの道場ではすでに顔見知りでしたが、私は初めて稽古させていただく方ばかり。稽古中にとにかく気になったのは、ドアに大きく書かれた「優しく」という文字。1時間目の稽古で「稽古は優しくしなさい」とずーっと注意されているようで気になったので道場生に聞いてみると、「ドアを優しく開け閉めしなさい」という事だそうで。こんな勘違いするのは、自覚があるからなのでしょう...。
道場の方曰く、私の稽古は野獣の血を呼び起こさせてしまうんだとか。なぜ?その方は稽古中も目覚めてしまった野獣の血を抑えるのに一生懸命でしたが、先生の代稽古として先生のスタイルを継承しなければならないという責任と、でも自分の稽古もして見たいという気持ちとの間で板挟みのようでした。これは道場を継ぐ方々の共通の悩みだと思います。さらにプロでない人達が道場を維持していくのも大変なことでしょう。

稽古中もいつもより賑やかだったようで、うるさかったらスミマセン。でも元気よく稽古することが、周りを元気にすることだと思います。次回は私をこの先生との引き合わせてくださった先生とお邪魔したいと思います。もちろん相棒と道着と一緒に。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。