So-net無料ブログ作成

夏はまだ終わらない(その1)

 あっという間に9月になりました。
 通常の部活がなくなる7月から少し時間の余裕ができるはずなのに、錬成大会、高校大会と、稽古の時間がずれただけ。大学業務は相変わらず忙しく、やってもやっても片付かない雑用と試験の採点のために夏季休業中も出勤しなければなりませんでした。「私って要領が悪い人間なんだろうな~」と思っていたら、「ちゃんとできちゃうから頼まれちゃうんですよ」という声が。どーやって手を抜いたらいいか教えてくださいな。

 さて、初めての先生とテロの不安の残るベルギーで、私の出張の日々は始まりました。今回は湧き水で有名なスパというところ。近くにはF1サーキットもあります。ジャグジーやプールがあるから水着を持っていくといいよ~ということで準備をしていったものの、結局ホテルから出るのは道場に行く時だけ...。あとはずーっと飲み会。でも先生からは、たくさんのお話を伺うことができました。久しぶりに武道とともに生きることについて考えました。未熟な私にはこういう師がいてくださることが、本当にありがたいです。

 続いて教育系の学会が大阪と京都で2つ。ベルギーでのケガもあり稽古は断念。でもいつもの先生と夕食を取りに道場にまで足を延ばすことに。帰国してすぐだったから京都が近くに感じられました。1つ目の学会では大学生時代にお世話になった方との再会、そして私のセッションの座長との縁を知ってびっくり。大学での導入教育に関わり、そして学生たちをなんとかしてあげたい!という学会なだけに、数値だけの成果ではなく実践や悩みを共有し合う仲間が集まっています。医薬系は国家試験がある学科ということで、また違った学生たちを抱えた教員も増えてきて、近いうちに医薬部会が発足し、活動はより活発になりそうです。

 2つ目は今年発足した薬学教育学会。こちらも大学での学生教育だけでなく、実習先での教育、そして薬剤師になった後の生涯教育と多岐に渡ります。立ち上げの年にも関わらず予想を超える参加者で会場は満員御礼で、どれだけこの学会が切望されてきたかがわかります。薬の専門家というだけでなく、医師よりも身近なところで健康をサポートする薬剤師に求められる職能はこれまで以上に多様で、そのような人材を育てるために大学もいろいろと工夫をしなければなりません。せっかくいい学生たちが入学してくれるんだから、いい教育を受けて巣立っていってもらいたいです。(その2に続く)

IMG_2644.JPG
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。