So-net無料ブログ作成
検索選択

演武会なのか講演会なのか

昨日は武蔵で演武してきました。基本的には現役がやらない技をすることのしているので、必然的に座り技、腰投げ、武器技、多人数で、受けはOBです。でも1人目がメチャクチャ硬かった...仕方がないので、柔らかくなるまで投げることに。まるで肉料理。演武の時間に制限がないということはこういう弊害が出ますね。これで懲りたようで、武器技の時には柔らかくなっていました。
私は流れるような演武をすることが目標です。演武は稽古ではないので、受けとの調和も見せたいのです。でも武蔵ではいつもそれが叶わず、一発勝負的な演武になります。とりあえずなんかすごい、という雰囲気は作れるのですが、見ている人には何をしているのかわからない。
一方で、明薬の学園祭などでよくやるのは説明演武。学校武道の授業のように、合気道について説明しながら示範です。これは観客にとってはとても楽しい会にはなるのですが、私にとっては演武ではなくて講演。これは演武の受けがいないときにはちょうどいいのですが、受けを育てたいと思っているときには演武がしたいわけで。
そんなこんなで今日はどうなることやら。いっそのこと、師範演武でも受けになりたい。
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。